駒澤大学 受験願書・パンフレット請求

駒沢大学の入学受験願書のお取り寄せは、下記からどうぞ。

>>> 駒澤大学の受験願書は,こちらから <<<

 

>>> 駒沢女子大学の受験願書は、こちらから <<<

↓駒澤大学以外の受験願書は、こちらから↓併願大学の願書です↓



↓不要になった駒澤大学赤本・参考書は、こちらで高価買取↓








駒沢大学の学部

* 仏教学部 o 禅学科 o 仏教学科 * 文学部 o 国文学科 o 英米文学科 o 地理学科 + 地域文化研究専攻 + 地域環境研究専攻 o 歴史学科 + 日本史学専攻 + 外国史学専攻 # 西洋史コース # 東洋史コース + 考古学専攻 o 社会学科 + 社会学専攻 + 社会福祉学専攻 o 心理学科 * 経済学部 o 経済学科 + フレックスA・B(2007年度募集停止) o 商学科 o 現代応用経済学科(2007年度開設) * 法学部 o 法律学科 + フレックスA・B o 政治学科 * 経営学部 o 経営学科 + フレックスA・B(2008年度募集停止) o 市場戦略学科(2008年度開設) * 医療健康科学部 o 診療放射線技術科学科 * グローバル・メディア・スタディーズ学部(通称GMS学部) o グローバル・メディア学科
所在地 * 駒沢キャンパス(東京都世田谷区駒沢1-23-1) * 玉川キャンパス(東京都世田谷区宇奈根1-1-1) * 深沢キャンパス(東京都世田谷区深沢6-8-18)

駒澤大学の建学の精神、ならびに沿革

駒澤大学の建学の精神は、「仏教」の教えと「禅」の心を現代的教育に活かしてゆくことを、建学の理念としている。 仏教は、物事を正しく理解する「智慧」を獲得し、それを「慈悲」の心で周囲に役立てることを目指す。 しかし、それらは外にのみ向けられるものではなく「智慧」も「慈悲」も、自己を離れては存在し得ない。そこで本来の自己を見つめる「禅」の心が活きてくる。 己れの、内と外、体と心、それらをひとつにして道をきわめてゆくことを、道元は「身心学道」と表現した。駒澤大学はいわば、 この「身心学道」を、現代社会において実践しようとしている大学である。常に本来の自己にたちかえりつつ、最新の学問を修め、 現代の社会に活かしてゆく駒澤大学が養成しようとしているのは、まさにそのような人材にほかならない。 また、駒澤大学の建学の理念をわかり易く表現した言葉として、「行学一如」「信誠敬愛」がある。 * 「行学一如」とは、修行(実行・実践)と修学(学問・研究)は一体で、互いに影響し合って発展していくという禅の思想に由来する言葉である。 * 「信誠敬愛」とは、大乗仏教に説く自利と利他の精神を敷衍して、自己を磨くには、誠の心をもってし、 他者のために尽くすには、深い慈しみの心をもってすべきということである。
駒澤大学は文禄元年(1592年)に駿河台の吉祥寺に禅の実践と仏教の研究、漢学の振興を目的に創設された学林旃檀林を起源とする。 その後、吉祥寺学寮を中心に青松寺学寮(獅子窟)、泉岳寺学寮を統合し、曹洞宗大学林専門本校(1882年開校)、 曹洞宗大学(1905年)を経て、大学令に基づく旧制の駒澤大学(1925年)へと発展した。 21世紀現在では、寺院後継者以外にも広く門戸を開放している。